mainimage
mainimage_bottom Japanese spacer 1 English spacer 2 Chinese spacer 3 Korea spacer 4

「年末年始営業のお知らせ」

年末年始は通常通り営業しております。皆様のご来店をスタッフ一同お待ちしております。

平成26年度 名誉賞受賞牛

神戸肉流通推進協議会30周年記念 神戸肉枝肉共励会

平成26年2月16日

受賞牛
名誉賞受賞牛(グランドチャンピオン) 最優秀賞(チャンピオン)
平成26年2月16日 平成26年2月16日
上場番号:3008 上場番号:3025
個体識別番号:1336282702 個体識別番号:1338338162
生産者:太田 克典 生産者:勢戸 和孝
好評につき提供終了しました 好評につき提供終了しました

この度、神戸肉流通推進協議会の30周年に際し、30周年記念神戸肉枝肉共励会が行われ100頭(雌牛28頭、去勢牛72頭)が出品され、ビフテキのカワムラでは、厳正な審査で選び抜かれた神戸ビーフの中でも、名誉賞、最優秀賞受賞を牛購入しました。

神戸肉流通推進協議会30周年記念神戸肉枝肉共励会一覧

★神戸ビーフは兵庫県のみで肥育されたA4-6以上の物だけが神戸ビーフとなります。

平成25年度 名誉賞受賞牛

第178回神戸肉枝肉共励会

神戸市中央卸売西部市場 平成25年12月9日

受賞牛
名誉賞受賞牛(グランドチャンピオン) 最優秀賞(チャンピオン)
平成25年12月9日 平成25年12月9日
上場番号:531 上場番号:614
個体識別番号:1336280753 個体識別番号:1336285819
生産者:上田 伸也 生産者:太田 克典

平成25年度最大のセリ「第178回神戸肉枝肉共励会」にて全100頭(雌牛34頭、去勢牛66頭)が出品されました。
ビフテキのカワムラでは、厳正な審査で選び抜かれた神戸ビーフの中でも、名誉賞、最優秀賞、優良賞の受賞を牛購入しました。

第178回神戸肉枝肉共励会一覧

★神戸ビーフは兵庫県のみで肥育されたA4-6以上の物だけが神戸ビーフとなります。

平成23年度 名誉賞受賞牛

第4回 全国但馬牛枝肉共進会

神戸市中央卸売西部市場 平成23年11月13日

第4回全国但馬牛枝肉共進会枝肉画像
名誉賞受賞牛(雌牛の部) 名誉賞受賞牛(去勢の部)
平成23年11月13日 平成23年11月13日
上場番号:3034 上場番号:3064
個体識別番号:0241587353 個体識別番号:1208337974
生産者:田村 正道 生産者:太田 勝典
ご好評につき終了いたしました ご好評につき終了いたしました

4年に1度の「全国但馬牛枝肉共進会」は全国で肥育された選りすぐりの但馬牛を一同に集め、兵庫県を始め8府県から100頭(雌牛30頭、去勢牛70頭)が集結しました。
ビフテキのカワムラでは、厳正な審査で選ばれた、名誉賞牛の雌牛・去勢牛の最高部位 ロース(サーロイン)・ヒレ(テンダーロイン)を入荷しました。是非ご賞味下さい。
※名誉賞受賞牛はご好評につき終了いたしました。

第4回 全国但馬牛枝肉共進会受賞牛一覧

★神戸ビーフは兵庫県のみで肥育されたA4-6以上の物だけが神戸ビーフとなります。

神戸ビーフ良くある質問

神戸ビーフについて解りやすく皆様からのご質問にお答えしておりますのでこちらもご覧下さい。(神戸肉流通推進協議会)

神戸ビーフに関する誤った報道について

平成23年7月19日発売の「週刊朝日」にはじめ、各種テレビ番組で神戸ビーフの定義について誤った掲載をされておりますが、以降報道各社より訂正とお詫びがホームページ等で掲載されております。

詳しくは、推進協議会のホームページをご覧下さい。

※神戸ビーフは、兵庫県内で代々交配された種牛から生まれ、兵庫県内で肥育された牛であり、他県で育った牛は神戸ビーフになりません。

その他、神戸ビーフについて解りやすく皆様からのご質問にお答えしておりますので上の「神戸ビーフ良くある質問」をご覧下さい。

受賞牛購入履歴リンク

平成19年購入実績

ビフテキのカワムラでは148頭の神戸牛を購入いたしました。

※購入した部位は、ヘレとロースになります。(詳細はこちらをクリックしてください。)

神戸ビーフ最優秀賞受賞 グランドチャンピオン

ビフテキのカワムラでは、全国でも呼び名の高い共進会で最優秀受賞牛(グランドチャンピオン)に選ばれたこの最高級の神戸ビーフを数々購入しております。

近畿東海北陸連合肉牛共進会 神戸ビーフ最優秀賞受賞 グランドチャンピオン
第53回近畿東海北陸連合肉牛共進会

三田牛の競りへ行ってきました。

2012年11月3日、兵庫県三田市で行われた「第55回三田市肉牛共進会」の競りを見学してきました。 今回のセリには、以前に牧場見学をさせて頂いた、マルセ畜産 勢戸和孝さんも出品されていました。 名誉賞受賞牛は高価格で落札され三田牛の人気ぶりが伺える共進会となっておりました。

uedachikusan

但馬牛の生産者、上田畜産を見学

今回もまた、カワムラのこだわる神戸ビーフの素牛となる但馬牛を生産されている方にお会いしてきました。

今回伺ったのは、兵庫県の香美町にある上田畜産です。生産者である上田伸也さんに貴重なお時間をいただきお話を聞かせていただきました。

生産農家の多くは、繁殖農家で育てられた生後8ヶ月から9ヶ月の子牛を購入し、そこから出荷まで育てますが、上田畜産では200頭ほどの繁殖牛を飼育されており、出荷までのすべてを行っておられます。

周辺にはスキー場などがある事も有名で、寒暖差もはげしく、湧き水も多いエリアで、空気のキレイな肥えた大地で育った牛はストレスの知らず。これまでも品評会で名誉賞を受賞されるなど最高の但馬牛を生産しておられます。

uedachikusan

また、同じく兵庫県香美町にある「べんり酢」がとても有名な株式会社トキワの社長 柴崎様にお会いしました。トキワでは今回「梅ごこち」という飲むお酢がモンドセレクションの金賞を2年連続で受賞されました。香美町へいらっしゃる際はぜひ、ご賞味ください。
株式会社トキワ http://www.a-aji.jp/

三宮で神戸牛ステーキならカワムラ

神戸ビーフの定義

下の表は、BMS(ビーフ・マーブリング・スタンダード)とよばれてます。全国でこれを基準に牛肉は格付けされ、 ロースの芯の霜降りの度合いによって牛の格が決まります。これは霜降り度だけ表しており、実際に食べておいしいのはこれ以上に肉質や脂の質などが関係しています。
ちなみに神戸ビーフとよばれるには、 BMSの値が6~12(上図の黄色枠線部分)になります。但馬牛の血統であり、BMS値が6縲鰀12での肉質で兵庫県内で飼育された牛に限って「神戸ビーフ」の証がもらえます。

BMS

神戸牛と但馬牛

神戸ビーフ

黒毛和牛の中でも最高である但馬牛の中から、更に厳しい諸条件に合格した牛だけが「神戸ビーフ(神戸牛)」と呼ばれます。神戸ビーフは、各競り(共進会・品評会等)において、雌牛・去勢牛の各部門で、各最優秀賞(チャンピオン)1頭、優秀賞1縲怩R頭、優良賞4縲怩T頭が選ばれ、その他は通常の神戸ビーフになります。ビフテキのカワムラでは、平成19年1月縲鰀12月の1年間で、品評会の最優秀賞(チャンピオン)受賞牛を含めた148頭の神戸ビーフを購入いたしました。ビフテキのカワムラは常に神戸ビーフにこだわり、更にその品質にこだわり、本物を提供し続けております。

但馬牛ロゴ

日本が誇る極上牛のブランド・但馬牛は、優れた伝統と血統を持つ品種です。その起源は古く、平安時代に編纂された『続日本書紀』ですでに「耕運、輓用、食用に適す」と紹介され、古来より優秀な血統として認められています。
その伝統(200年以上)を守り、他府県牛との交配を避けながら改良を重ねた牛が、但馬牛です。
松阪牛、近江牛など超有名ブランド牛のルーツは全て但馬牛となっており、神戸ビーフは但馬牛の中でも最上のものとなります。

神戸ビーフ肉写真
但馬牛写真

神戸牛と但馬牛は、純血種です。

神戸牛は、兵庫神戸で一定期間飼育されたり、屠畜(とちく)されればすべて神 戸牛になると勘違いされがちですが、それは大きな間違いです。 神戸牛は純血種の但馬牛のなかでも厳正な規格にあてはまる最高級の牛 が神戸牛となります。 神戸牛はすべて純血種であり、他の牛の遺伝子は一切はいっておりません。

詳しくは 神戸ビーフの定義 をご覧ください。

カワムラのこだわり

ビフテキのカワムラは常に神戸牛にこだわっております。

常に最高の神戸牛を提供するためのこだわりは沢山ありますが、ここではカワムラのこだわりについて少しご紹介させていただきます。絶対数が少ない神戸牛/カワムラがこだわる神戸牛の雌牛は更に希少です。

ビフテキのカワムラでは平成19年1月縲鰀12月で148頭の神戸牛を購入いたしました。*1

黒毛和牛の中でも最高である但馬牛の中から更に厳しい諸条件に合格した牛だけが「神戸ビーフ(神戸牛)」と呼ばれます。神戸ビーフは、各競り(共進会・品評会等)において、雌牛、去勢牛で、各最優秀賞(チャンピオン)1頭、優秀賞1縲怩R頭、優良賞4縲怩T頭が選ばれ、その他は賞のつかない通常の神戸ビーフになります。

但馬牛のおよそ7割以上を取り扱いしている神戸市中央卸売市場西部市場(神戸市長田区)では、2007年1月縲鰀12月の間で但馬牛3776頭が競り落されました。そのうち神戸牛は2124頭、うち去勢牛1699頭、雌牛425頭が競り落とされました。ビフテキのカワムラでは西部市場で昨年1年間のうちに競り落とされた2124頭の神戸ビーフの中から425頭しかない雌牛にこだわり、その中の148頭の神戸牛をカワムラが購入いたしました。*1

一人でも多くのお客様にご満足していただけるよう、神戸ビーフを購入・提供し続けていきたいと思います。

*1 購入した部位は、ヘレとロースになります

円グラフ

infomation

■ カワムラのポリシー ■

お客様の納得・ご満足を徹底的に追求します。
世界のブランド牛「神戸ビーフ」と呼べるには厳しい諸条件を満たしたものを言います。
牛肉の中でも最高等級と言われるものばかりを扱う当店だからこそ、
本物の味をたっぷりとお楽しみいただけます。

ポリシー

■ ランチ ■

ビフテキのカワムラのランチは、但馬牛から神戸ビーフまで気軽に味わっていただけます。多数のメニューを準備しております。
日時・人数等がお決まりでしたら、3日前までに予約フォームよりお申し込みください。
お一人様につき、1杯のグラスワインをサービスさせていただきます。

<ランチ営業時間>
11:30~15:00

ランチメニューはこちら

■ 予約 ■

お食事はご予約されることをお薦めいたします。
日時・人数等がお決まりでしたら、3日前までに予約フォームよりお申し込みください。
お一人様につき、1杯のグラスワインをサービスさせていただきます。

予約はこちら

■ 神戸牛・神戸ビーフについて ■

実は日本中を探しても、兵庫県内の牧場を探し回っても、神戸市内の牧場を探し回っても「神戸牛」と名の付いた牛は存在しません。
ではなぜ店頭には神戸牛と呼ばれる肉が存在するのでしょうか?
実は、「神戸牛」とは、松坂牛・近江牛等のブランド牛にあわせて呼ばれている俗 称であり、本当の名称は「神戸ビーフ」 あるいは「神戸肉」と呼ばれます。
ビフテキのカワムラでは選りすぐりの神戸ビーフを使用しています。美しい大自然の中で優れた肥育技術と あふれんばかりの愛情を惜しみなく与え、最上級の神戸ビーフへと育てあげられた最高の神戸ビーフ、ビフテキのカワムラで調理された 神戸ビーフステーキをご堪能ください。